スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】
スポンサー広告
特別支援とは。。。
特別支援って。。。どういうことなんでしょう。。。

ま、読んで字のごとく
特別に 支えてて応援するってことなんでしょうけど

「特別支援メニュー」 みたいなのがあって

ぁ、コレでお願いします。
なんて感じに頼めるものならいいんだけど・・・(んなわけないーー;

この間はポノちゃんの心療内科の受診だったんですが。
このところの オーバーヒート気味な様子を伝え
対処法をお聞きしたところ。

いつもの 診断のための知育遊びみたいなことをさせながら
先生が時折 ポノちゃんに話しかけてみる。

先生 「最近 何か心配なことはない?」

ポノ 「・・・・・」

先生 「いやだな~と思ってることとか」

ポノ 「・・・・・  ?」

みたいなやり取りがあって

先生 「このように、自分で思うことを発信する力が弱い状態にあります」

∑( ̄□ ̄;)。。。。
はい・・・どうやらそのようです。

私がそんな風に聞いてみて、この反応されたら
「ちょっと・・・お話聞いてますか?
「嫌なことする友達がいるとか、困ってることがあるとか、ないですか?って聞いてますよ」

なんて、言葉を変えて質問攻めにするとこだった。。。

よくよく考えたら、よけい混乱させちゃうじゃんーー;;;


もう少し前までは、返答してたように思う。
「あのね・・・あのね・・・ポノちゃんがね・・・」
と、少しスローながらに 話し出そうとしていて、助け船的な言葉を出してあげると
つるつるっと 話が出てきたり・・・

と・・・それも出来ないくらい後退しちゃうてことですか?


オーバーヒートの放置は危険だと・・・わからせていただきました・・・・--;;;



何かしら、このストレスを解消するべく方法を考えなくてはですが
カラオケは教育上お子ちゃまを連れて行くのに気が引けるし。
かえって興奮させてるだけかもしれない ショック療法的なもので
継続して効果のあるものでもない。

ポノに合った習い事であったり、
何かしらの 日常的なサポートが必要。

学校生活面においては、今のところ担任の先生が
気をつけて パニックの際のクールダウンを手伝う。といった形であったり
団体行動を 押し付けず、頑張れる時だけ流れの中にいさせて
遅れての参加となっても、それで良しとする クラスの空気作り。
色々ありがたい お気使いは頂いていたのですが・・・

どおやら、昨年の1学期にしたWISKの結果からは
通常学級での学習では困難になる要素が多いとでてるらしい。

∑( ̄□ ̄;) 聞いてないよ!
(ま、意味が解ってなかったんだと思いますが。。。←さやえんどうがね)


もう一度、今の段階でのWISKの検査をして
どういった苦手さを どうフォローするか 療育のメニューを考えてみましょう。
というような言葉をいただいた。

心強い・・・(T_T

何をしてあげることが、ポノにとって療育になるのか
なんだか判らなくなってきていて、
(他にも 考えなくちゃいけない かわいい天使たちがいるもんで。。。^^;

とりあえず 母としては家で頑張って(試して)みることは

習い事を探す。
今のところ考えていたのは、

①音楽療法として癒しをテーマにピアノを教えてくださるところ
②ダンスが好きだから ダンス教室を探す
③メチ君にもさせようと思っている 和太鼓を習わせてみる
 (和太鼓の音は自律神経にいいらしい)

①と③は 少し信頼できる情報を得ているので、見学に行ってみたいと思いながら、
まだいけてないのが 現状^^;

ちょっと、早めに動いてみたほうが良さそうだが。。。
いかんせん?!臨月のお腹でなかなか動きが取れない(T_T

今まで さぼりすぎたツケが回ったか・・・il|li _| ̄|○ il|li


でもとりあえず、なんか対策を!と
学校でのクールダウンの方法の改善?を お願いしてみた。

今までは  「教室の中で、みんなでそっと見守る」  ようにしていたものを、
教室ではなく 図書室や保健室などへ行かせて クールダウンする方法にしては。
と、これは 児童相談所の先生にいただいたアドバイス。

高機能の子ども達は、けっこう空気を読めてたりして
どうやら自分が特別扱いされてることに うすうす気付きはじめ、
コレじゃいけない、みんなと同じように!と、頑張ってしまう傾向があるらしい

だから、その辺を気遣って 場所を変えてのクールダウンを進められた。

たとえば担任の先生が「このお手紙を 保健室に持って行ってくれるかな~」とお願いし
その手紙を 養護の先生が見たら ”クールダウンお願いします” とか書かれてて
ガーゼを切ったりなど、保健室の簡単な仕事を手伝ってもらい
適当に クールダウンできた様子になったら 教室へ返す。
といった方法があると聞いた。

さっそく担任の先生に 電話でですがお伝えしたら
真摯に受け止めてくださり さっそく 養護教諭と話してみます!と言ってくださり
まったくありがたいと。。。;_;

なかなか。
子どもの変化に気付いていながらも
対応の仕方がわかっていないというのは困ったもので。
それをどう、誰に相談していいものかも 難しいーー;

マニュアルが欲しいとつくづく思うが
あんまり 取扱説明書とか読まない人だし~(^-^;Aアセアセ
あっても 読み方わかんないかもね~^^ (アハ

・・・・・il|li _| ̄|○ il|li

いつか作ってみたい。
そんなマニュアル

「さやえんどうでも読める!」ってゆうサブタイトルの (笑 えないだろーー;


う~ん。。。このブロぐが書き溜まる頃には
そんなん作れるといいな^^

(ってことにしよ
 



【2008/05/14 23:42 】
日記 | コメント(0) | トラックバック(0)
<<療育?!^^; | ホーム | 療育手帳>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://sayaendou44.blog90.fc2.com/tb.php/41-2ed937bd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。