スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】
スポンサー広告
うれしいこと^^
ショックなこと②を続けて書くには 気分が滅入るのでーー;
うれしいことを 先に報告~^^

昨年末の”うれしいこと”に、関連?して。。。
今日は、念願のサークル活動の準備が随分と進みました!8(≧∀≦)8


以前から地域の保健福祉センターの方と相談して
会場の下見は 昨年末に視察済み。
で、最初の集まりは、まず何をしようか考えました。

まずは、もっと色んなことを知らなくては!
という思いからの発想でしたので、
勉強会がしたい!と思ってました。

でも、講師に来てもらうって。。。。
お金かかるんですよね^^;

助け合う為に集まるなら、素人が集まるだけより
プロがいたほうが解決の糸口も見つけやすいとか
思うんだけど。。。いくら用意するの?!とか。。。
問題になるわけです^^;

一回きりでなく、定期的に開いていきたいものだし
なるべく参加者を増やしたいなら
参加者の負担は最小限に抑えたいし。。。

で、保健センターの方にアドバイス頂いて
熊本市の教育委員会 生涯学習課 というところがあって
行政機関が行っている仕事の中で、
知りたい内容を、担当機関職員などが講師として派遣され
事業・施策などを説明してくれるという
「ふれあい出前講座」なるものを紹介してくれました^^

http://www.city.kumamoto.kumamoto.jp/content/web/asp/kiji_detail.asp?LS=29&ID=81&pg=2&sort=0

そこで、相談してみましたら。
 「現在紹介しているメニューには、その項目(発達障害)はないけれど
  管轄の部署に相談して、手立てを考えることは出来るかと。。。」
と、前向きなお言葉をいただき^^
管轄の市の施設として”子どもの発達相談室”という施設を紹介してくださいました!

さっそく連絡を取り、そこの室長さんに相談させて頂いたら
 「相談室に講師として来てくださる心療内科の先生に相談して
  出向してもらうことは可能では。。。」
と、言っていただきました^^

今度、サークル開催日程を決めて、そちらの先生とお会いして
色々相談させてもらってから、どういう会にするか計画をすることになりました^^

室長さんには、
 「発達障害に対してだけではないけれど
  私たちが、市民の皆様に啓発していかなければならない事なのですが
  なかなか難しい状況にあります」
~職員、または専門知識習得者の不足。市民の意識不足など~
 「でも、保護者の中からそういう声を集めて勉強したいと言ってくださることは
  私たちとしても大変ありがたいことです。できるかぎりのことを。。。」
と、とても暖かい、心強いお言葉を頂いて。。。(T_Tウルウル

欲を言えば、今回会場として視察した施設は
土日が休館のため利用できず、働くママは仕事を休まなくちゃならない。。。

公共の施設で会場費を節約と思ったけど
障害手帳も療育手帳も持たないから
いまいち優遇されない。。。――;

検討してる施設は1時間400円の利用料ですが(お安い^^)
先生にこれからもお世話になるなら、いくらかお礼はしたいし。
人が集まって、せめて2時間話すなら。。。お茶くらいほしい。
(贅沢言うとキリがないのですが^^;最低限でですね)
 
希望としては、子どもたちとのかかわり方を学びたいから
子どもたちと一緒に参加したいのに、平日ではみんな学校だし。。。
子どもが参加してくれたら、話しに集中しにくいぶんは
学生さんのボランティアをお願いして。。。
そうすれば学生さん達から学ぶものも沢山あるかと。。。
となると、学生さんにもお礼がしたいし。。。

と。。。希望?!願望ばかりが膨らんでおります^^;;;
(でも、学生さんには何人か既に声かけて協力は依頼してある^^)

ああ。。。。あとは勉強したいと思うお母さんたちの都合を
どう合わせるか^^;;;;(そこ一番重要だろ!

う~ん。。。。日程より先に。。。先生に相談に行こうかな。。。。。――;

【2008/01/12 09:41 】
日記 | コメント(0) | トラックバック(0)
<<ショックな出来事② | ホーム | ショックな出来事①まだつづき>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://sayaendou44.blog90.fc2.com/tb.php/29-4e8b44c6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。