スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】
スポンサー広告
支援グッズ~^^
アンパンマン③

これは スプーンの使い方がイマイチうまくいかない サクちゃんに
トレーニングのため 牛乳パックで作ったものです^^

今回 こういうトレーニングをさせようと思った原因は、
食事が進むうちに 左手でご飯をつかんで食べてしまうのを見て
スプーンがもっとうまく使えたら。という話から
先日、心療内科で教えてもらったものです。


使用方法は。

向かいにいる お姉ちゃんが モデリングをして見せます^^
(出来れば 隣にいるほうがお手本になりやすいとは思うのですが
 お子ちゃまは 基本 思うようには動きません(笑 )

写真 右の白い玉をスプーンですくってるのは ポノちゃんです。^^

それを見ながら サクちゃんは ウキウキ ソワソワだが 一応見ている様子で
ちゃんとスプーンを持って さっそく挑戦したがる。



アンパンマン①


そして、シーお姉ちゃんが
アンパンマンの口を パクパクさせて

シー 「ぼく アンパンマン。 おなかがすいたよ~」

 と 言ってくれます。

ポノ 「はい。どうぞ ヨーグルト^^」(白い玉だからかな)

 パクン と 口を閉じて

シー 「もぐもぐ  おいし~」


そのやり取りを見て、サクが跳ねながら きゃっきゃっと喜んだ



アンパンマン②


そこから お姉ちゃん達と どんどん玉をすくって アンパンマンのお口に運ぶサク。

なんだ^^ なかなか上手じゃないですか。


と、何度も繰り返すうちに、
指が疲れたのか スプーンの持ち方がおかしくなってるΣ ( ̄□ ̄;
すると思うように 玉がすくえず 左手が出てくる

左手で 玉をつまんで スプーンに乗せはじめる。
これでは トレーニングにならない

さやえんどう 「サクちゃん スプーンをこうやって持たないと…」

と、持ち直させようとするが、

サク 「だあっ!

と、それどころではない 私の邪魔をするな とこちらの手は振り払われる


う~ん…
このままやらせても 遊びのルールが 変わってしまう

楽しそうだが… 今日はこの辺でやめさせておこう^^;

さやえんどう 「はい。頑張りましたサクちゃ~ン^^ 今日はおしまい~」

と、ささっと 紙袋に一式をしまうと、
ちょっと ブーブー抵抗しましたが 他の遊びに意識が移動…

とりあえずは、パニック起こさず 疳の虫もそこそこに治まった様子^^;



う~ん 
今度の宿題は 「どういうタイミングで遊ばせて 切り上げるか」

にしても、 スプーンの使い方にまで
疲れやすいサクちゃんの体質が影響してるとは思わなかった。

ん?
これは トレーニングをして、効果はあるのか?
スプーンを疲れないものにする方がいいのか???

… また 頭を抱える さやえんどうなのでした (笑



スポンサーサイト
【2009/05/25 15:18 】
日記 | コメント(3) | トラックバック(0)
成長
進級 進学 の時期。

サクちゃんは 少しづつ慣れてきた様子もあるが
時節柄?体調を崩したりもあって、ちょっと登園拒否気味ーー;;;

園の先生が、担任以外の先生も関わってくださっているので
なんとか登園している感がある…

実際、家での生活も
ちょっと不安定な感じで、そこから来る 甘え みたいなものがあり
精一杯かかわってあげたいところだが、
下の妹の世話や、いい加減15キロある メタボチャン?!なサクを抱えるには体力も要る^^;

うまく ストレスを消化させてあげられてないな~--;


と、そんな中。

ポノちゃんの心療内科受診の日。

以前(未就学)は3ヶ月に1度くらいだった診察が
今は半年に1度くらいの間隔になってきている。

それほど困ったことは起きてこなくなったというのもあるが
実際にはいろいろ相談したいことは、ちょこちょこ出てくる。
でも、今の心療内科の需要の多さから、
おそらく一人に関われる時間がそんなに取れなくなってきてるんだろうなぁ。

で、ポノちゃんについて、
進級早速の家庭訪問の際 担任の先生から言われていたこと。

彼女(ポノ)が 学校生活で、息抜き(クールダウン)している読書(絵本ですが^^;) 
だいたいは休み時間に、教室の後ろにある本棚の前に座り込んで
黙々とページをめくりながら読み続ける。

それがどうも 授業時間に食い込むようになっていると…

この子達の ”こだわり” との切り離しはだいたい難しいのですが
おそらく 最近のポノちゃんにとって、10分の休み時間のクールダウンでは
足りなくなっているほどストレスがかかっている?…

前年の担任からの引継ぎでは、
クールダウンが必要な時は、黙って自分でクールダウンできるので
見守ってください。とのことだったそうで。

3回くらい「絵本は終わりにしてください」と声をかけると
しぶしぶ絵本を置く時もあれば、まったく耳に入ってない時もある。


担任の先生 「そういう時は やむを得ずそのままにしますが、
         3年生になった今も、このままでいいのでしょうか。
         少しづつきびしめにしていく必要性はお考えですか?」

むむむ。
進級で新しくお世話になる先生との対話に、母も少し緊張していたのですが^^;

さやえんどう 「この子を普通学級でお願いしているのは、
         特別扱いしすぎないで、でも、無理をさせない程度に関わって
         社会に出ても、そこそこ対応していってほしいという思いがあるからです。
         頃合を見て、厳しくしていかなくてはとも思ってますが…」

担任の先生 「今日も机に伏せて大泣き(パニック)されて
         その原因がつかめないんですよね… --;」

さやえんどう 「う~ん。今の先生の一日の流れを聞いてて、
          これっていうのは思い当たりませんし。
         原因はひとつではなく、蓄積されたものかと思いますーー;」


おそらく、新しく先生がこられてこのクラスの約束事として
「忘れ物をしない」「時間を守る」などの 当たり前の約束事を
繰り返し言われる 進級で舞い上がった生徒達に喝を入れるつもりの言葉が

ポノちゃん ”・・・・ねばならない”人だから

苦手なところの 「忘れ物多い」 「切り替えが難しくて時間内に終わることが難しい」を
どうしても注意されがちになったり(先生だけでなく、新しいクラスメイトにも注意されちゃう)
それを ”・・・ねばならない” と重荷になってきたかと… (≧д≦)

それが 蓄積されて
音楽の時間 鍵盤ハーモニカを忘れていた数人のうちの一人のポノは

「忘れ物はいけません。皆注意するように」

と言った 先生の皆に呼びかけた言葉で
どっかん 溢れちゃったんですね^^;;;


はぁ。母として私は、なるべく忘れ物ないように 声かけてチェックしていかなくちゃです^^;


ということで、ポノちゃんの様子を見ながら
絵本のこだわりからの切り替えを訓練していくとの話で…


先生がお帰りになった後。  ポノが私の隣に座る。

さやえんどう 「先生帰っちゃったね。優しそうな先生だね^^」

ポノ 「。。。。」

さやえんどう 「ん?」

ポノ 「ポノちゃんねぇ…  ○○先生… あんまり好きじゃない… 」

Σ ( ̄□ ̄;


さやえんどう 「あら~^^; どうして? お母さんは 優しそうでお父さんみたいでいいと思うけどなぁ」

ポノ 「ポノちゃん 女の先生がよかったなぁ 」

Σ(〇До)

(そ…そこから 否定ですか…  かなり 今更だわ… )

小さい頃から パパっ子のポノは 初めてでも男の人の方が大丈夫だったのに
いつの間にか 思春期???
いや… 今まで2年間 お世話になってたのが 女性の先生だったからかな。

かなり心配ですが、今更どうにもならない。
腹をくくって しっかり担任とかかわっていこう!オー(`_´)/=3



と、話戻って 心療内科では

確かに そういった徐々に厳しくしていくと言う 訓練というかリハビリも必要ですが
大切なのはタイミングです。
とのこと。

今 小さなストレスの蓄積をうまく発散できなくて パニックが出てしまうような状態であるのに
ますます クールダウンの要素を奪ってしまっては もっとパニックが頻発してしまう。

「それであるなら、誰にも迷惑はかけずに(走り回るとか脱走ではなく)
 そうっと 教室の隅で本を読めば クールダウンできる訳ですから
 本人の精神安定にはもちろん、クラスの授業を邪魔せずいい方向だと思います。」

「むしろ、記憶力の特性を活かしてテストの成績はそこそこ頑張っていることを
 しっかり褒めて上げることで、成長を応援して、
 苦手部分の克服を焦る方が 今は危険と思います。」

家でのパニックの際、
コトちゃんやサクちゃんが傍によると
ポノちゃんは ころっと泣くのを止め 「うふふw」と笑いながら 
コトちゃんサクちゃんの相手をしてくれることを告げると、

心療内科の先生 「それは いいところですね。 それだけ彼女は優しいんです。
            ともすると、この子たちの傾向として、パニックの時は特に、
            まわりにある刺激を排除しようとしていて
            小さい子どもが近寄るのは、突き飛ばされて危険であると思います。
            そこは 育てたあげたい 優しい心ですね」

わかってるようで いつもの事になっていて わかってない。
子ども達の大切なところを 見落としてしまっていることを 「ごめんね^^;」と
こっそり 反省する さやえんどうなのでした…

(ちゃんと 言葉にしなさいって^^; <こっそり


よし。担任の先生に報告です^^
【2009/05/02 15:34 】
日記 | コメント(3) | トラックバック(0)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。