スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】
スポンサー広告
療育お勉強の日
黒板

いつもお世話になってる 療育の教室で 学生さんたちの書いてくれる黒板をアップしてみました^^

ちょっと見辛いですね^^;;;

9月27日(土曜日)   4年生学級        名前カード(枠で囲まれた中に名札を)

①はじめの会
②てあそび              今は(枠の中に左のメニューカードを 
③おえかきと お勉強           そのつど移動させてくれる) 
④ぜんしんうんどう
⑤サーキット
⑥おやつ                      です。
⑦学童タイム
⑧おかえりの会


この説明書きでは もっと混乱させちゃうかなーー;
(ちなみにメニューカードの番号は メチが書かせてもらってウキウキ  )


視覚支援という点でも ただ絵カードを使うというだけでなく、
いろんな工夫の仕方があるんだなあと。。 やはり感心させられる。

枠で囲んだだけで その中にはめ込みたくなるし。(名前カードね)


⑦の学童タイムで いろんな遊びに別れるのだけど
ここで うちの子たちはアイロンビーズに嵌るようだ ^^;

この日も サクは大学(場所)の広さに興奮し、暴走で脱走
担当の学生さんは大忙し ^^;
大好きなヒール(靴)を見つけ 学生さんの靴を脱がせてまで履いていたΣ( ̄□ ̄;
(困ったこだわりで ごめんね

この後のママたちと先生を囲んでの話し合い

夏休みの話になるのだけど。
ADHDならなおさら 外に出て歩くのは大変なんだけど
結構 スイミングに通ってる人は多いみたい。。 
でも、支援学級?クラス?そういうクラスのあるところにじゃないと、やはり怖い。^^;
でもそういう特別なクラスの設定であるにもかかわらず、配慮はテキトーだとか。。。

なかなか難しいのぅ~

4年生にもなると女の子の存在を意識して 多動が落ち着くとか^^
そういう ほほえましい話にもなった。

たしかに メチ君も 今までお世話好きな女の子がいてくれて
いつも隣の席には決まった数人のお世話係さん?が配置されている^^;
でも、すっかり甘えちゃう こまったメチ君なのだが
つい最近 隣に座ってくれてる子の事をチラッと聞いてみた。

さやえんどう 「ねえ メチ。 今はとなりの席は誰?」

メチ 「Rちゃん」

(その子のママとは 私もお友達で 実は性同一性障害を持っていて 身体は男の子である。
 でも、性格的にはポノと似ていて でもよく気のつく 女の子らしい可愛い子なのだ^^)

さやえんどう 「わぁ~ いいな~ Rちゃんお世話じょうずだけん。 メチ嬉しいね~」

メチ 「。。。。

Σ(゜ロ゜ノ)ノ。。。   なんだ?!そのニヤケ顔は。。。   

さやえんどう 「何メチ。。 実はRちゃんのこと 好きなんだろ~ ( ̄ー+ ̄) ニヤ」

メチ 「。。。。。 ん。。 ぅん。。/////」 (頭ポリポリ)


Σ( ̄□ ̄;。。。 わっかりやすっ!!(爆

だが 少し複雑。。。 メチはRちゃんが男の子だと一応知っているのだが。。。
その初恋?の感情をまず抱いているのが Rちゃん。
とゆうことは。。。


ん?。。。 お?。。  ???



さやえんどうは そこから 言葉を失った(謎w


スポンサーサイト
【2008/09/28 09:44 】
日記 | コメント(0) | トラックバック(0)
自由人^^;
まったく この間からの 自由人ぶりを公開!

うちの新たなる問題児 サクちゃんですが^^

このところ ぱたぱたぱたぱた いそがしい!

興味があることに めちゃすばやく反応し 即行動!
そのメタボなおなかは錘になってくれないのか?!

そしてまだ 「よいしょ~」 しか聞き取れないので 何かを要求されても

サク 「〇#△▼Э“★w~~!」  

理解不能なのであるーー;


しかも どうやらこの夏休み 覚えた言葉が 『ちょっと~~』 だって。。 --;

目当てのものを手に入れたのに それはダメだよと 取り上げられるとコレガ出る(笑
まあ。。。 すこしはコミュニケーションの足しになるかな~ ;_;


で、このところ起きてた 我が家でのミステリー

やたら炊飯ジャーのふたが開いてるのだ。。。Σ( ̄□ ̄;
なんてことだ。。。このままでは 中のご飯は保温されないどころか
かぴかぴになって食べられなくなってしまうではないか!

え~。。。この炊飯器も寿命なのかしら。。 ふたを開け閉めするところが壊れたんだ。。。
買い替えか~  めちゃ億劫なるやんか~ 

そう思いながら パタンとふたを閉めてその場を離れようとした矢先
「ぱくんっ」 っと ふたの開く音。

Σ( ̄□ ̄; 今閉めたとこなのに、このふた もうダメダメじゃん!
と思って 振り返ると

Σ(゜ロ゜ノ)ノ

私の影のように付きまといながら しれっと背伸びして ギリギリに届くそのボタンに
指をかけているのは。。。

サク!おまえか~~~~~~!!!

その手を ぱちん として 指でクロスを作り 
  「ダメ!このボタンを押しちゃ ダメ!」
そう怖い顔でいうと 口をへの字にしてスンスン言う ^^;
  「ママ。。 ママ。。 」
(たぶん)そういいながら 私の服の裾をつかんで来られると
こちらも クラッと来てしまうが そこは鬼になって
しゃがみこんで目線をあわせ 
  「このボタンは押したらダメね?わかった?」
解ったかどうか よくわからんが ーー; とりあえず ギュ 

あんまり怒ってばかりだと やっぱりストレスなのか その晩 寝つきが悪く夜泣きする


ハグ をやめると また ぱたぱたぱたぱた。。^^;

そして お米のBOXをあけて ザラザラ遊び始める!

Σ(〇До) 「こ。。 こらぁ~~~~!!!」

このところ お米がパラパラ散らかると思っていたら。。 コイツダッタノカ!
プラスチックのBOXのロックも けっこう固いのだが。。 強くなってるんだな。。。

なんて感心してる場合ではない!

またその手を ぱちん として 指でクロスを作り 
  「ダメ!お米で遊んだりしたら ダメ!」
そう怖い顔でいうと また口をへの字にしてスンスン言う ^^;
  「ママ。。 ママ。。 」
また(たぶん)そういいながら 私の服の裾をつかんで来られ クラッ

。。 で。。 ハグッ


まったく 自由人な彼女に 振り回されぱなしなのであった。。。
 
ぐったり。。。 il|li _| ̄|○ il|li
【2008/09/02 00:07 】
日記 | コメント(0) | トラックバック(0)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。