スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】
スポンサー広告
4番目
最近気になる。。。
4番目のおこちゃま 「サクちゃん」 現在2歳4ヶ月
今だ、意味のある単語 発せず。。。--;

1歳半検診で、発達障害の疑いということで引っかかって
来月やっと、初の心療内科受診。
(予約がすごい!@_@;;; 7ヶ月待ちですから。。。)

確か。。。メチ君・ポノちゃんは 2歳になるかな~くらいから
ポロポロ話し始めたかと。。。
でも、単語は出てたきがする。。。。

となると。。。
上の二人より、重いのかもね~^^;
手帳もらっちゃうかな~。
療育も もっと勉強しなくちゃだな~。
言語の療育は、始める時期いつだろ。。。

などなどなど
考え始めては、うっかりうつむき加減になってくる。。。。ーー;

それに加えて、メチ・ポノの お部屋の構造化はなかなか進まない。。。><。。
やっては見たけど、いまいち効果なし。。。とか、
途中まで準備したのに、壊されちゃって意気消沈とか。。。il|li _| ̄|○ il|li

はあ。。。
父ちゃんに八つ当たり(爆 

相談して、考えて、やってみて、
ダメだったら次頑張る!
この根気強さは、この子達と付き合っていくには不可欠なものですが!
これがなんとも。。。なまけものの、根性無しなさやえんどうには
痛いとこ (。>_<。)  ププw

いろいろ、お話できるお友達とかに
聞いてもらったり、アドバイスもらったり、
励ましてもらったり

さっきも、頑張りましょ~メールを書いてたら
なんだか私も 元気出てきた^^

うん。人の心って、あったかいですね。

こんな、さやえんどうですが。
これからも、よろしくお願いします~^^
スポンサーサイト
【2008/03/29 18:14 】
日記 | コメント(0) | トラックバック(0)
通常学級では。。。
先日、また ル-テルで相談できる機会があって
ちょっと心配してたこと、聞いてみました。

ポノちゃんが、2学期おわりくらいから
学校から帰ってくると、
大好き毛布に包まるようにして 指をチュウチュウ。。。
アレ。。。眠いのかな。。。
くらいだったんですが、
最近は、指の吸いダコ切れちゃうくらいになってしまって

あれれ。。。
そんなに ストレス溜まってんの?
みたいな。。。ーー;

よく考えると
メチ君は 時折指先にバンドエイドをしていて
「どしたの?」
と、聞くと
「痛くなった」

何でだろうと思い、張り替えてるところ覗いたら

深爪してるんです。。。
切ったんではなくて、どうやらむしってるーー;

たしかに。。。以前から爪が、2枚爪というか薄くはがれてきて
ささくれちゃう人なんですよね。
でも、手でやっちゃダメ!爪切りでしなさい!ってゆうと
「え~。でも学校に爪切りないし~無理~」
屁理屈男。でた!

こんなやり取りが、やはり最近多くなってきたかと。。。


ルーテルの先生に言わせると
「学校での通常学級が辛くなってるかもしれません。」と。。。

~出来ないわけではないけれど、
 頑張りすぎて、知らず知らず、小さなストレスとして溜まってきてる。~

そのサインではないかと ご指摘いただいた。

なるほど。。。 うっかり見逃すとこだった。。。


対策として教えていただいたのは

学校での特別支援の枠に、学習目的の時間でなく
ストレス軽減の時間として、たとえば週に1時間とか作ってもらって
リラックスできる空間(静かだったり、人が少ない)で
好きなこと。飛んだりはねたり自由に出来る時間を
作ってもらうというもの。

家で出来ることは、
家族という安心の環境で、お出掛けして
好きなだけ 走り回れるといった時間を作る。

なるほど。。。ストレスか。。。
頑張りすぎちゃうから。。。

うむ!いそがなくちゃ!
家でのストレス軽減に、構造化とやらのお勉強をしようと本を購入。
心療内科の先生お勧めの本です!

「家庭と地域で出来る自閉症とアスペルがー症候群の子どもへの視覚的支援」
明石書店

確かにわかりやすいかも。。。

でも、これをまったく真似できるわけではなく
応用しなくちゃならない。
一人一人に合わせた支援ですから
どれをどう使って どう応用するか。。。

また頭イタ。。。--;

いやいや。。。使えそうなのから、少しづつ!^^;

先輩方の作られた 絵カード を参考に
イラストいっぱいのものを作ってみよう!
サイト検索で イラストいただいちゃいま~ス^^

さっき一緒に作ってみたけど
反応は、なかなか。。。
気に入ってくれそうだ。。。^^むふふ




【2008/03/24 00:17 】
日記 | コメント(0) | トラックバック(0)
告知
実は先日から TVの取材に協力してます^^
 (な~んて、発達障害を世間様に啓発したい活動その1?
  自分から売り込んだのですが。。。ww)

その際、うちのメチ君の表情を、そのまま放送したいと言っていただきまして。。。

別に悪いことをしたわけでもないのに
なぜモザイクをかけなくちゃなのか。確かに気分はよくない。--;
でも、世の中の”障害者”に対する偏見?差別?みたいなものは
悲しいかな、認めざるをえません。
でも、彼らの笑ったり困ったりする表情を撮ることで視聴者へ訴える影響力
反応の大きさを考えると、そのままの表情を撮影したいと。

深く考えてはなかったのですが、
確かに、発達障害を持つ子どもとして放送されれば
何らかのプライバシーを 侵害されてしまうのかもしれません。
実際、いつも遊んでるお友達も
メチの障害名まで理解して付き合ってる子なんていないと思いますし(笑
知ったら知ったで「おまえ、発達障害なのか?」と、素直に聞いちゃうのも
また子どもかとも思います^^; 

いずれは本人も、自分が自閉症だと自覚して生活しなくちゃいけませんが
それを本人に告知するタイミングは、どの親御さんも悩んでいるところです。ーー;

特に高機能やアスペのお子さんだと、
自分がなんだか他の友達と違うということに気付き始めますから。。。^^;

よし!
と、ここは覚悟を決めて、告知しよう!と思い立ち
いい機会で、本人に話してみました。

母 「ねえ。メチ^^発達障害って知ってる?」
メチ 「いや 知らない」
母 「実は、クラスのほかのお友達と、ちょっと違う脳みそなんだよね~^^」
メチ 「。。。。。?」

?マークは結構出てましたけど(笑
メチはしっかり食いついてきました!^^

どうも自分は 他の子とは違うみたいだというのを、うすうす感じてたんでしょうね。
しばらく、彼が納得するまで 発達障害について私なりに説明してみました。

母 「メチが漢字苦手だけどさ。。。あれ、その特別な脳みそのせいなんだよね。。。」
メチ 「。。。。。?」
母 「メチがクラスで”さんすう博士”なのも、この脳みそのせい」
メチ 「ふうん。。。」
母 「メチが、夏に暑くてしょうがなくなって、涼しいとこ行かなくちゃなのも、
   運動会でみんなと頑張るのがすごいしんどいのも、
   この脳みそが、ちょと特別なせいなんだ。」
メチ 「ああ~。。。。」

なんだかこの辺で、納得を始める。。。^^;

メチ 「じゃあさ、運動も下手だったりする?」
母 「そうなんだよね~。なわとびとか、自転車とか、鉄棒とかね。」
メチ 「ドッヂボールも?」
母 「そそ^^; ドッヂボールもだね~」
メチ 「。。。。。。」
母 「でもね、お友達より時間はかかるけど、いっぱい頑張ればうまくなるんだ」
メチ 「でしょ?だって俺、縄跳びも飛べるようになったし~、
    自転車もうまくなったし~、鉄棒もやっと出来そうなんだ!
    ドッヂボールもだんだん強くなってきてるし!」

本当にうまいか強いかは置いといたとして^^;
今、母から聞いていることが真実かどうかを、
彼なりに自分の過去の思いと検証してるような顔。

少し心配ではあったけど。。。彼の言葉を待ちながら
マイナス面だけでなく、プラス面もしっかり伝えて
パニックになっちゃう時は、どうしようもなく腹が立ってるだろうけど。
あれも、この脳みその特徴だと言ってみた。

ただただ うなずく様子のメチに切り出す。

母 「この間 児童館に付いて来たお兄ちゃんいたでしょう。覚えてる?」
  (取材で見学にきてくれてました^^)
メチ 「うん」
母 「あのお兄ちゃんね、実はTV局の人なんだよね。」
メチ 「え”え”」キラキラ (←目立ちたがり屋)
母 「発達障害の脳みそを持つメチのこと TVでやりたいんだって。いい?」
メチ 「あ、いいよ」キラキラ (笑

と、けっこう乗り気に 本人の許可(笑
わかりやすいこの反応に、笑いをこらえて、本題に入る。

母 「だけど、TV見た友達が ”メチ~ お前、発達障害や?” とか聞いてくると思うよ。
   その時 ”うん、そうだけど” って言える?」
メチ 「うん。いえるよ」

うむ!心強い言葉^^
メチ君なりに、発達障害を受け入れてくれたんだと、私は感じました^^


実はせっかくだからと思い、ポノちゃんにも一緒に話をしました。
でも、ポノは途中で興味なさそうにTVを見だして^^;

ポノにはまだ早いことなのかもです。
自分がなんだか友達と違うかも。。。なんて、まだ思ってないのでしょう^^
(なんせ、ポノワールド全開(爆)

でも、メチにはいい告知のタイミングだったんだな~なんて
ちょと、この取材に感謝したりして^^


あと、父ちゃんやジジにも相談しました。
結論としたら そのままを放送してもらったら。
という話にはなりました。

ただ、注意したいのは、障害というワードの使い方。。。

脳の発達障害であり、高機能性自閉症。。。

といった表現ばかり出てしまっては、
今まで私たちが悩まされている世間の偏見をもろに受けてしまうというところで、
この子達と接する皆さんには、障害として意識してもらいたいのではなく
強い個性であると意識して欲しいということを
前に出してもらえるよう お願いしてからということに。。。

条件付きではありますが、モザイク無しの放送をお願いしてみます^^


思わぬところで、告知という大舞台を決行して
ちょと心臓バクバクでしたが(笑
思った以上の収穫。
メチ君の成長を知れて、なんだか 満足な日でした^^ww
【2008/03/14 22:22 】
日記 | コメント(0) | トラックバック(0)
構造化?!
先日 ルーテル学院のママ友達に相談。。。

兄弟がいると、お兄ちゃんたちの宿題の邪魔をしてしまう。。。
ただでさえ集中力が弱いのに
それで宿題が進まず、怒り出すーー;
ヒステリックに、パニックに近い怒り方になってきてるぞ~(汗

だからといって、一人一人に子ども部屋を用意してあげるほど
予算なんてない(爆

で、ママたちからのアドバイス^^
療育センターで教わったやり方だそうで
”構造化”というらしい

まずは、子ども部屋の中を区画分けして 
ダンボールとかでいいから 壁を作る
床も カラーのマットとかパズルみたいな
アレを使って色分けとかすると、よりイイとか。

ベッドを囲んで 寝るエリア
机を囲って お勉強エリア
(机もデスクにこだわらず、足がブラブラしないほうが落ち着いたりするらしい)
なるほどと思ったのは
クールダウンするためのエリア(なんか名前があったが○○ルームとか。。。)
お勧めは 押入れの中みたいな空間らしい。
なんだかわかる気がする。。。ぷぷw
そこには 小さなミラーボールを入れてキラキラさせたり
色の付いたオイルのゆら~っと水の中で動く。。。
あんなのを置いてあげると もっとリラックスできていいらしい。

(ミラーボールで落ち着くのは初めて聞いたが。。。
 確かに この子達好きそう。。。^^)

片付け下手で困るっていったら

引き出しや 棚に これでもかっ!てほど 片付ける物の名前を貼る
出来れば写真(絵)付きで。(文字が読めなければ写真は必須)
引き出しの中も 小箱で仕切ったりしてわかりやすく、
兄弟なら 色分けも有効だとか。

最初は少し、誘導のような練習も必要で
なかなか、その準備は大変そうだけど。

だんだん、本人もそこに入れなくちゃ気がすまなくなるし
失くし物の多いこの子達が、探し物も下手で
自信なくすことを考えると
かなり ストレス軽減できそうかな~なんて。。。^^

でも、母の私も片付け下手だからな~^^;;;

あ、そしたら アドバイザーにお部屋見てもらって
アドバイスももらえるらしい。
(有料だそうですがーー;)

うちの場合。
4番目も発達障害の診断もらっちゃいそうですし、
一家族に3人の 障害児となると
家事に支障が出るということで
ヘルパーさんが来てくれた例があるとか。。。

まあ、うちの場合 高機能自閉 で、手帳もないので
また事例がズレますが。。。
そういう福祉事業も調べてみてはと、アドバイスもらっちゃいました^^

なかなか、どこをどう調べるのか。。。
ネットは最近触りだしたところで、なかなか思う情報にたどり着かず。。。
ーー;
やはり 足で探すか(笑

とりあえずの区画分け。。。やってみたら。
また報告しますね~^^

がんばるぞ~^^
(父ちゃんにも応援おねがいしなくちゃ^^)





 
【2008/03/09 17:56 】
日記 | コメント(0) | トラックバック(0)
ストップウォッチ
この子達って、全般的に
ストップウォッチや キッチンタイマーは好きらしい^^

この間から、時期的なマンネリや
学期末のまとめのテストなどで うんざりなのか
宿題がなかなか進まなかった^^;

その流れで、次の日の準備までだらだらと続かない。。。--;

どうしたものかと思っていて
ふと思い出しました^^

「すとっぷうぉっち~~(^^)/」 (ドラえもん風)

これがテキメン!(笑


母 「ちょと メチさぁ。 宿題どれくらいの速さで終われる?」
メチ 「知らん」
母 「さっきね、携帯の機能でさ。ストップウォッチとか・・・あったんだよね」
   (チラ 見せ)
メチ 「・・・・・・」
  (かなり気になる様子で その画面を見ようとしている)
母 「メチがさ。今日の宿題どれくらいで終われるか 計ってみる?」
メチ 「うん! いいよ!」

急いで プリントと鉛筆を用意している・・・・ぷぷw

メチ 「OK!」
母 「はい^^ では・・・・スタート!」

なかなかの集中力で、携帯画面の数字をにらみながら
宿題を進めていく様子。

私はその隙に お洗濯を。。。。^^;

メチ 「おわった~!」
母 「おお^^ 何分だった?」
メチ 「9分 46秒 6・・・・・」
   (かなり不満そうである^^;)
母 「うわ!すっご~い! 10分以内で終わってる!」
   (そう言ったとたん、かなり自慢げな表情。(笑)
メチ 「ま、10分以内には終わったけどね。。。」

まったく わかりやすくて 単純で かわいいのである^^

その調子で、明日の準備も ストップウォッチで計らせて・・・
みごとに 10分以内に終わらせる。
ここ数日、いや数ヶ月の あのダラダラは何だったんだろう。。。


ポノにも使ってみた。

母 「ねね。ポノちゃん。いまお兄ちゃんね。
   明日の準備、どのくらいの速さで終われるか、
   ストップウォッチで計ってるよ。」
ポノ 「わあ^^ ポノちゃんも やりた~い^^」
   (・・・しめた
母 「お兄ちゃんに 次、貸してもらってごらんよ^^」
ポノ 「おにいちゃ~ん・・・」

すばらしい。
ポノも お兄ちゃんに計ってもらって なぜかウキウキ。
しかし、何分だった?
と聞くと、

「えっと。。。。忘れた」

^^;  あまり、その辺にこだわりはなさそうなので。。。
ちょっと 効き目としたら弱いかな。。。


でも、こういう小技を 知らないママ達は
ただただ おだてて やっぱり叱って 宿題させてるのかなあ。。。

なんて思うと・・・
やっぱり早く、サークルを始めて、みんなに情報を提供したいな~。

偉そうに言うつもりはないですよ^^;;;
「学ぶ」機会がホントに無いという ママたちの話を思い出したからで。。。

うん^^ もう少し。
準備がだいぶん整ったから、
サークル活動できるのも、もう少しです^^

ワクワク

【2008/03/03 22:41 】
日記 | コメント(2) | トラックバック(0)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。