スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】
スポンサー広告
とりあえず ホッ ^^;
「ポノがまだいじめられてるのかも」疑惑は
先生に相談したところ、私の思い違いだったようだ^^;

ポノの担任の先生は、
まず本人に確認、
「ポノちゃん、もういじめられてないよ^^」
だって。。。あれれ。。。

ポノに「キモイ」を言った同じ三年生にもたずね
一緒に学童に通う友達に尋ね、
学童の先生にも確認に行って下さって。。。

どうやら、なんかのフィードバックで
以前の嫌なことを思い出し
私に愚痴っていただけのようだ。。。ーー;

色々考えました。
そのいじめっ子?達に親として何か伝えるべきかと。

で、直接会って話をして、気持ちを伝える。
という妹の話を思い出し、
大人が子どもに対してでは 威圧感があるかと思い
手紙を書いてみようと。。。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

はじめまして、ポノの母です。

こうやってお手紙を書いてみるのは、ポノのことで知っておいてほしいことがあるからです。
 ポノは、高機能性自閉症という、生まれつきの脳の障害を持っています。
それは、どんな障害かというと、思っていることを言葉にするのが難しかったり、
手を上げたいときに、手が上げられなかったり、
脳がうまく身体を動かせないところがあるという障害です。
 ぎこちないしゃべり方をしたり、運動が下手だったりしますが、
みんなよりいっぱい練習して頑張れば、出来るようになります。リハビリといいます。

 小さいときはあまりおしゃべりができなかったのですが、
小学校でお友達も増えて、たくさんおしゃべりできるようになって来ました。

 でも、ある日から「お友達がいじわるを言うの」と、時々言うようになりました。
おかあさんとして、とても悲しくなりました。
 がんばって、おしゃべりも上手になって、なわとびも自転車の練習も頑張って、
学校が楽しいといってくれます。
それなのに、そんなポノに「キモイ」という言葉を言うお友達がいるときいて、ショックでした。
 「キモイ」といわれて、嬉しい人がいるでしょうか?
仲間はずれにされて、嬉しいと思う人がいるでしょうか?
頑張っている人には「上手にできたね」とか「がんばったね!」という言葉を
かけてあげるのが、一番嬉しい、みんなが楽しいことだと、私は思っています。
 ポノだけでなく、みんな頑張っています。
あなただって、宿題やお勉強、お友達との楽しい遊びに頑張ってるでしょう?
みんな一緒です。

 どうか、ぎこちなくて色んなことがへたっぴなポノですが、
助けてあげたり、楽しくお話してあげたり、してもらえませんか?
 ポノのお母さんからのお願いです。

本当なら、会ってお話したほうがいいのでしょうけど、
なんだか緊張するのでお手紙を書きました。
今度会ってお話できると嬉しいです。

                                  ポノのお母さんより

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

という手紙^^;
この文面は、かなり添削しながら書いたのですが
相手の子どもに、威圧感を与えず、伝えたいことをわかりやすく書くというのは
なかなか難しいですね^^;;;

先生に見てもらって、直してもらおうとも思い渡したところ。

教頭先生から連絡が。。。∑( ̄□ ̄;)
「お手紙拝見させていただきました。親御さんが動かれる前に
学校として出来る事があるのではないかと思います。
少しお話よろしいですか?」
と、校長室にお招きいただきました^^;

担任の先生が教頭先生に相談してくださり
この件だけでなく、考えるいい機会だとおっしゃって

1~3年生の担任で集まって話し合ってくださり、
学童の先生方の意見も聞きに行って、
私の手紙を「保護者の思いです」と、紹介いただき、
文部省管轄だの 厚生省管轄だの言ってないで
同じ学校の生徒として ”言葉についての教育”をしたいと言ってくださいました。

ポノだけの問題としてではなく
学校全体で考えていきたいので、もう少し様子を見ながら
お母さんとも連絡を取りながら
いい環境を作っていけたらと思っています。

先程。。。
そんな素敵なお話を、お電話で担任の先生から報告いただいて
ほんとうにありがたいなぁ。。。と。。。(TT_TT

なんでも相談してみるもんだと。。。
今回改めて 実感したのでした。。。


感謝(^人^)合掌
スポンサーサイト
【2008/02/07 23:11 】
日記 | コメント(0) | トラックバック(0)
ショックな出来事②
やっと、こっちも書いてみようかな。。^^;

前回のメチ君の イジメ?!に、引き続き
実は ポノちゃんまで発覚^^;

「○○さんがね、ポノちゃんのこといじめるの。。。」

なんて、時折話してはいたものの
ちらっと本人から聞いてる話では、たいした出来事でもなさそうだし。

「ちゃんとそういう時は、先生にお話してる?」
と聞くと
「うん」
というので、大丈夫でショ^^
くらいに思ってたんですよ。。。

それが、メチのことでこっちも気になって
担任の先生に、連絡帳でお尋ねしました。

「子どもの言う事なので、どこまでが本当なのかもわかりませんが
 気になるのでお伝えしておきます。」  。。。と。

そしたら、こちらの担任の先生も、道徳の時間を使って
”最近、されて嫌だな~と思ったこと。嬉しいな~と思ったこと”
とゆうテーマで、クラスで話し合ったそうです。

幸い?クラス内でのいじめは見られなかったけれど
他クラスのお友達に 嫌なことを言われた。とか、
嫌なことをされた。というのがでてきて

「そういうことは、私たちはしないようにしましょうね^^」
という授業をしてくださいました。(ありがたい。。。T_T

で、他クラスの担任に報告して、”そういうことはしてはいけないんだよ”
という注意を促してくださったとか。。。

で、問題はうちのポノちゃんの場合
学校終業後の 学童保育でのいじめ。。。

こっちは、3年生までごちゃ混ぜで、
先生も教育のプロというわけでもない^^;
そのなかで、
発達障害の特徴でもある
(自分の感情を表現するのがうまくないので、ぎこちなさが演技がかって見える)
ちょっと話し方が演技がかってしまうポノは
3年生の数人の女子に
「キモ~ィ」と。。。避けられているそうだ。。。
おやつの時間に同じテーブルについてしまうと
「あんたは向こうに行ってくれない?」など
ポノの口からは聞いてない現実。。。

担任の先生が、一緒に学童教室へ通うお友達にリサーチしてくれて
わかった真実。
学童保育の先生に尋ねても下さって、
「そういうことを言ってるところを見かけたら、注意はしてたんですが。。」
とのこと。。。

担任の先生は、その主犯格?の3人を聞き出して
その3人の担任にことを話し、生徒に注意を促して欲しいと話してくださり
後日、その3年生は3人とも担任の先生とポノのところまで来てくれて
「ごめんね」を言ってくれました。

わざわざ、ポノの担任の先生は、うちまで来てくださって
その報告をしてくださって ;_;

ありがたい限りです。。。

ポノも そのとき「いいよ^^ 許してあげる!」と、いつもの調子で答えたそうで。
まったく目に浮かぶようなんですが。。。

最近。

どうなんだろうと、ポノに聞くと
「うん、やっぱり ポノちゃんのこといじめるよ。」
ですって。。。。--;

そうだよね。。そう甘くはない。。。。T_T

「嫌だったら、無理していかなくていいんだよ。。」
と、言ってはみるけれど。
「でも、お友達と遊ぶの楽しいから、学童には行くの^^」
と、楽しそうに、彼女は答える。。。

私の実の妹に話したら
「その3年生の女の子に、直接ねえちゃんが話したら?
 うちのポノいじめないでくれる?って」
なんて、案ももらった。
子どもの世界に親が出るのは。。。とも考えたが。。。
親がその子を躾けられないなら、
大人として、私が注意するってのも一理ある。。。--;

実際、まだ、踏み出せずにいるが。。。


これからも、彼女は必ずこういう壁にぶち当たっていかなければならないのだ。。。
守ってやるばかりでなく
自分で身を守る術を、母として教えてやりたいのだが。。。

いったい何を、どう教えてやればいいのだろうか。。。


考え中。。。。--;;;;;
【2008/02/03 22:58 】
日記 | コメント(0) | トラックバック(0)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。