スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】
スポンサー広告
この暑さが。。。
暑い。。。
この暑さが、彼らの体温調節機能の弱さを打ってくる~~~~

この間から、夏風邪をぶり返したり
一日中茹だってしまった状態にある。。。

完璧に夏バテ状態。。。--;

なんとか空調管理してあげたいが。。。
家に中にジットするわけないし
クーラー効かないほど暑い!

大好きな水遊びを、しっかりさせてやりたいのも山々だが
私の時間と体調も追いつかない。。。

う”う”う”~~~~~il|li _| ̄|○ il|li


そうそう、
この間、自閉を抱えるお子さんを持つ友達から相談受けて
どうも学校の先生方が夏休みに色んな研修をされるそうで
特別支援の研修の時間があるらしい。
その時に、集まられた先生達に
子どもの様子を発表してくれないかと頼まれたらしい。
「何話せって言うのよ。。。」
なんて言うから

チャ~~~ンス!

「そりゃもちろん、この子たちは脳の造りが根本的に違う
 ってことを先生に知ってもらういいチャンスだし、
 そのまんま話せばいいと思うよ」

なんて言いながら

「なんなら、私が原稿書いてあげるから読み上げれば楽じゃん♥
 ついでに、その場に付き添うよ」

「え~~ホント~~!助かる~!!!それなら頑張る!」

と、私の術中にはまった!(笑


彼女のお子さんは、自閉もですが”性同一性障害”も抱えていて
とてもデリケート。。。
担任の先生の心配もひとしおなのでしょうね。。。

私に出来ることといえば
母を応援するくらいしか出来ないのですが。。。
私もとっても、励まされてるんです^^
同じ悩みを持つ者同士って、ほんとうに有難い存在ですね♥



そそ。術中にはまったとは
私のライフワーク『発達障害を社会に啓発する!』(←命名)
プロジェクト発動だ!ということで。。。
下心じゃないですから。。。あしからず。。。

    (なんのこっちゃ。。。。。^^;)
スポンサーサイト
【2007/07/27 06:06 】
日記 | コメント(2) | トラックバック(0)
とうとうきたか?!^^;
先日から、
メチの授業について担任の先生から
ちょこちょこ話はあったのだが。。。

「苦手な科目。。。特に漢字の授業が。。。
 やる気なくて、ぐったりしてます。。。」

と、お手上げ状態。。。

まあ、だいたい毎年夏になると
体温調節が下手なことからくる
暑さからのダルさと戦ってるらしく
「だってオレね~。厚いとね~。ぼ~っとなるとたい!」
と、訴える。。。

それに加えて、LDからくる模写の苦手さ
目で見て、ソレを書き写すという情報処理が
脳の中でうまくいかないらしい。

学年が上がって、覚える漢字の数が増えて
どんどんやる気を失って。。。
の、悪循環。。。
(まあこれは、心療内科の先生には危惧されていた状況ではある)

なんとか、ご褒美シールを使って
(10枚溜まると「好きなもの引換券」と交換できるのだ!
  自閉の子を動かすには、コレが覿面らしい。。。一門先生いわく)
餌で釣ろうとするのだが。。。
ソレも学校では、いまいちらしい。。。

しっかり先生とお話しする時間を作って、
通常学級が難しいなら、特別支援学級にお願いしなくては。。。
と、考えていますが
「メチくんの、他の学力においてはクラスの子も一目置くほどです。
 夏休みに特訓で追いつきたいと思ってますが!」
と、先生のありがたい声♥

家庭学習の面で、
彼が楽しめる方法で学習。。。というよりは
リハビリ・トレーニングでしょうか。。。

おっしゃ!
頑張りますかね~^^;;;

試したものと、その効果。
アップしますんで、
自閉キッズのママさん!メモのご用意を!(笑
【2007/07/14 10:51 】
日記 | コメント(2) | トラックバック(0)
親として。。。
(≧ε≦)プッ。。。。

前回の書き込みから一月!!
サボりすぎですから!(≧д≦)

いろいろ、いろいろ、あったんですけどね。。。。

え~、今回はこの間の懇談会。

隣に座ったお母さんを、先生にわざわざ紹介していただいたので、
(ん?これはもしや。。。)と思い

「どうも、はじめまして^^
 ポノ の母です^^
 うちのは、高機能性自閉持ってるんですけど。。。。」

と、そこまで言うと

「あ!うちもなんです!」
と、さっきまでの営業?スマイルがマジ顔になって^^;

「そうなんですねえ。。。
 最近、よく聞きますよねえ。”発達障害”テ言葉。
 でも詳しく知ってる人は少ないから、
 親としては何かと心配ですよねえ。。。^^;」

と、そのお母さんも大きくうなずきながら
私の話を聞くばかり。。。

「で、今日の懇談会では、
 このこと皆さんに言っておかれるんですか?」

と、尋ねると

「いえいえいえいえいえ。。。。」
と、大きく首を振られてしまい。。。^^;;;

「私は伝えておきます^^
 保護者の皆さんにも、クラスのお友達にも
 ポノちゃんのこと知ってもらってもらいたいので^^」

と、ぜひあなたももっと堂々と
子どもさんを受け入れて欲しいという願いを込めて
伝えてみました。。。

そのあと、打ち合わせどおり
先生の合図で立ち上がり、

「ポノ の母です^^
 うちの子は、高機能性自閉症という発達障害を持っています。
 
 脳の情報処理障害で、一度にたくさんの言葉を聞かせると
 うまく理解できず、話を聞いてないと思われたり
 大きな音が苦手で、パニックを起こしてしまったり
 体温調節が苦手な為、暑さや寒さに適応できず
 環境を整えてあげることが必要になります。
 
 ですから、他のお友達からは
 特別扱いされてるように見えると思うのですが
 お子さんが家で疑問に思われていたら
 ”ポノちゃんには、こうしてあげてね”と
 アドバイスしてもらえませんでしょうか。

 私も親として、この子たちが社会に出た時を思うと
 特別支援教室で特別に扱われて当たり前になっては
 一般社会へなじむのが難しくなってしまう。。。

 ソレならば、学力やストレスなど、無理しない程度に
 通常学級で頑張って欲しいと思い、
 皆様にもご迷惑をおかけすると思うのですが、
 よろしくお願いしたく、お時間頂きました。」

こんなには、まとまってませんでしたが、^^;
お兄ちゃんの メチのクラスでも時間をもらって
お願いしました(*~▽~)/

それで、お母様方の反応は。。。

だいたい、マジ顔でこちらを凝視されてます。。。^^;;;;

どう受け取られたかはわかりませんが
大きくうなずいてくださってるお母さんは
子どもにちゃんと説明してくださるかと。。。

おそらく、20人にひとりは
(なんでこのお母さん、そんなこというのかしら。。。
 かえって、いじめに会うわよ!)
と、心配してくださっています。。。--;

(なぜわかるかって。。。その後、私に忠告してくれたからです^^;
 そんなこと大っぴらに言うといじめられるわよって。。。)

全ての人に理解してもらうのは、難しいと思います。
でもソレを覚悟の上で、告白するべきだと私は思います。

先生が私が話した後、フォロー?してくれました。

「このクラスにメチくん(ポノちゃん)がいてくれて
 本当に良かったなあと思ってます。
 それは、クラスのみんなが優しくなってきたからです。
 最初は”メチ君だけひいきしてる~”と騒ぐ子もいました
 でも、子どもたちは何も言わなくても
 メチ君をだんだん理解し、助けてあげるようになり
 そしてメチ君も、それに答えるよう
 頑張れるようになってきました。」

そう付け足してくださり、
本当にありがたくて 拍手しそうになりました。。。(謎ーー;

この子達にとってのバリアフリーは
目の不自由な人の点字や、足の不自由な人の車椅子に変わるのは
周りの人たちの理解だと、どこかの先生が言われましたが

本当にその通りで、
親として、その環境作りに精一杯のことをしたいと
改めて、強く思ったのでした。。。

おし!
まだまだ、宿題は山積み!
頑張りマッスル~! p(≧▽≦)q

【2007/07/05 00:12 】
日記 | コメント(2) | トラックバック(0)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。