スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】
スポンサー広告
サークル活動開始!?
先日から、サークルを開きたいと騒いでおりますが。。。
この間。。。
公共の施設で、ココなら場所を貸してもらえないかと
そおっと職員の方に相談しましたら。。。

“なかなか、個人での活動ですと地域の方たちの活動の場に
なりますので、貸切というのは。。。“

そうですよね。。。。
ま、考えてみれば。。。そうなんです。。。
ううう。。。――;さっそく行き詰まった。。

でもまあ、その職員の方も以前からのお付き合い?もありましたし、
いろいろと、「難病を抱える子どもの親の会」などで活動してる方を
紹介するから、アドバイスを聞いてみられますか?など
ありがたいお言葉をかけて頂き、
一応、もう一度相談に行くなら地域の保健センターに。。。とも
アドバイス頂き、ちょっと連絡してみたいなあっと思っています^^

で、気になるのがですよ。。。
その時の職員の方の意見。。。
「見た感じ全く心配ないのに、親がそんなに大騒動しては、
これから社会に出て行くこの子達にとって、かえって重荷になるのでは。。。」
と。。。。。。

「行く行くは、自分が自閉症を持っていると知らなくちゃいけなくなり、
その時、彼らは、ショックを受けてしまうのは辛い。。。
少し今トレーニングすれば、克服できるところかもしれないのに、
しっかりと母親がそのレッテルを貼り付けてしまうのでは。。。。」
とも。。。

確かに、悩みました。。。。
高機能性(知能に遅れはなくIQは帰って高かったりする)だからこそ
悩むところなのかもしれません。。。
だから私はその時。
その先生の言葉に返す言葉を失ってしまったんですよね。。。
今までの「よしっ!やるぞ~!」みたいな元気が
しゅぅぅ~~~。。。。。と、しぼんでいく音が聞こえましたよ。。。――;

なんだか、先生に励まされて、その日は帰ったんですが。。。
この、自分の信念のもろさに
(え~え~。。。どうせ私は、いつも企画倒れな半端人間ですよ!)
なんて、自暴自棄になってみたりして。。。
ここでまた、人生の大先輩である父に相談。。。

「おまえは何で、この子達が自分が発達障害だと知って傷つくと思う?」
。。。。。。?
「そこに発達障害を差別しようとする心があるからだ!」
あ~。。。。なるほど。。。
ということは。。。私はまだ、この子達を
天才の卵だ!自信を持ってのびのび育て~ヽ(*^▽^*)ノ
なんていいながら、同情の気持ちを捨ててなかったということか。。。

うん!発達障害だろうが、そうでなかろうが、
自分を“大好き”でいられる人に育ってもらわないと!
まずは私が、この子達をもっと素敵だと思い、
もっともっとこの子達に感謝しなければ、
今心配している“この子達を傷つける”ことになる。

この私の価値観を再構築!
。。。。。がんばろ。。。。。( ̄― ̄;)ゞ
スポンサーサイト
【2007/04/12 19:47 】
日記 | コメント(0) | トラックバック(0)
サポートブック
はあ。。。。
まだ。。。。完成しない「サポートブック」
何で完成しないって。。。

色々いろいろ、気遣いが大変!

サポートブックというのは、
この子が学校で問題や困難に直面した時、
前向きになるよう励ます手立てを示すものです。
複数の支援者が、共通の情報を持つことで、
一貫性のある支援が可能となり、子どもの安定した成長を
促すことが出来る。
といった、なかなかの優れものナわけですが。。。

やはりソレは、先生に読んでいただいて、活用してもらわなければ
ならないわけでして。。。
見易さであったり、情報量であったり、
やはり先生だって人間ですから、
只々、要求ばかりをつづってあっても
だんだん気の重くなるノートでしかないわけです(TДT)泣

先輩方の経験からのアドバイスを教えていただくと

★先生方にお渡しする資料はA4サイズのものが紛失されにくい
とか。。。

★項目ごとにページを分け、紙面に余裕を持たせる。
などの編集面

★文字は手書きでなく、なるべく活字で。イラストを載せる
なんてゆうのも。。。

★読み手の負担にならないような言葉使いで、あくまでお願い
をする。
ここ!大事なポイントだそうです。。。


本当。。。日頃、まったく勝手な日本語を使っているもので、
いざ、相手を気遣った言葉使いなどと言われると
なかなか、一度すらすらっと書いたものでは
けっこう気遣いに欠けているんですよね~。。。。┓( ̄― ̄)┏
先生なんだから、コレくらいしてよ。。。みたいな
横柄な態度が見え隠れしたり。。。。(≧ε≦)プッ

でも今回、メッチとポノちゃんの元担任の先生に
同じ台紙を渡して、同じ項目についてコメントをお願いして
二人とも家での生活の様子とは少し違っていて、
また新しい発見でもありました。^^
子どもの個性や特徴をわかっているようでなんとなくだった部分を
自分の中で形に出来たような気もします。(*´▽`*)

あともう少し、多すぎる情報量を少し整理して、
必要な時(運動会前などイベントでこの子達が不安になるころ)に
応じて、小出しに先生に伝えるものと
最初に知って置いてもらったほうが良いと思うものと
。。。。。。。。。
あああ。。。。また気が重くなってきた。。。
なんせ、この忙しい時期に二人分だもんなあ。。。。――;

いやいや、愚痴を言っても進みませんぞ!
何とか仕上げて、心療内科の先生のOKをもらわなければ!


【2007/04/07 20:28 】
日記 | コメント(0) | トラックバック(0)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。